Category Archives: 未分類

話をした

ケアマネージャーさんが家に来た。
通院には車椅子を使いましょうと言う。
車椅子のレンタルと
そのまま乗れるタクシーの手配をお願いした。
あとは今後、寒くなってからの心づもりについて。
そうだろうな、そう言う事もあるだろうなと思う。
やっぱりこういう仕事してるおばちゃんは気が強い。
そうでなければやっていけないんだろうし
看護士さんもそうだろうけど
やっぱり人数が足りないんだそうだ。
どこも同じだ。みんなカリカリしている。
まだ先は長い。
長い方がいいに決まっている。

Leave a Comment

Filed under 未分類

初登頂?

と言っても山に登ったのではなく、屋根に上ったんですけど。
うちの瓦ははっきりきっぱり安物。正直言って驚いた。表面ざらざらなんですわ。5年に一遍メンテナンスが必要とかで、今まで父に任せっきりだったのだが、今回初めて上ってみたのだ。そうとうびびりながら。
平屋の小さい家なのだが、塗るとなると広くてね。おまけに、瓦を割らないように、転げ落ちないように身を屈めてカエルみたいにへばりついてペンキ塗りしてたら、ふくらはぎが痛くってしょうがない。
でも、屋根に上ってみた景色。
地平線が見えないんだよね。(て、あたりまえでしょ!)
水平線も見えないんだよね。切れっ端だけでも、海が見えたらいいのになあ。

Leave a Comment

Filed under 未分類

ゴッホは不幸が服を着ていたような人だったなんて

 iTunesギフトカードは使い道が豊富

 人の感性、美意識は人生の悲しみを知り、苦悩を経て、変化するようです。

 私は、若い頃からずっと、童謡の「砂山」のうち、明るいほう、中山晋平作曲のものは好きだったのですが、暗いほう、山田耕筰作曲のものは、むしろ生理的に嫌いなほどでした。ところが齢60半ばになって、歌をやるようになった時、キーボードを弾きながら、暗いほうの「砂山」を歌ってみたら、トテモ心にしみる歌だった。
 一人の人間の感性、美意識は、終生おなじなのではなく、人生経験を経ていくうちに変わるものだと知りました。

 ゴッホの絵についても、私、若い頃は、当時の画商が、ゴッホの絵について言った言葉、「あれは、アタマのオカシイ人が描いた絵だ」に同感でしたが、
 今ちょっと、ネットで見てみると、そうでもないみたい。南仏アルルで描いた「夜のカフェテラス」なんかは、なかなかいいみたいだよ。私の美意識が変わっている。

 もっともこれ、私の友人、A君によると、絵は実物を見ないとお話にならないそうなので、
 あれだけ若い頃はつまらないと思っていたゴッホの絵の実物を、機会があったら一度みてみたいと思うまでになっている。

 それでも私は、絵については、あまり理解がない方で、これまでに美術館なんかに行ったことは、
 そう、むかし女房とドライブに行った時に、信州の「白樺美術館」によったことがある。ちょうど、ルオーとルノアールの絵が展示されていて、実物を見たのですが、

 ルオーのよさは、すぐ解った。勿論、ルノアールが素晴らしいことは言うまでもない。
 あんな、真っ黒く、乱暴に塗りたくったルオーの絵でも実物を見れば、なかなかいいことが解る。

 そう、私は、感性はいいんだ。ただ、人生まだ戦っている最中なので、ケツに火がついた状態、これではジックリ絵なんかを鑑賞する気になれない。

 というわけで、ゴッホの絵の実物も見ないでゴッホを語ることは、ちょっとおこがましいかとは思いますが、なに、美術評論をやろうと言うのではない。哲学を語るのだ。哲学なら、とりあえず、一応のものを語れなくもないだろう。

 ゴッホも生前は、たったの一枚しか、絵が売れなかった人なのですが、
 更に彼は、ゴーギャンといさかいをして、自分の耳を切ったり、精神病院に入ったり、最後は、37歳で猟銃で自殺。女関係は、わずかに、性病にかかっている娼婦と短い期間、同棲したぐらい。

 でも、彼に関する記事を読んで、私は、彼が不幸な一生を送ったなんて、ちっとも感じなかったよ。

 何といっても、ゴッホは弟テオとの間の深い愛、敬愛、尊敬の関係が光っている。

 ゴッホの天分はテオによって認められ、27歳の時に画家一本の生活を始めてからは、テオの仕送りで生活できた。

 毎日、好きな絵を描いて暮らせるんだもの。まず、それ自体が幸せだったでしょう。

 ゴッホは孤独でなかった。何と幸せなことでしょう。互いに深く愛し、敬愛し、自分の絵の素晴らしさが解ってくれる人がいたのだ。これぐらい幸せなことがあるでしょうか。
 ゴッホの絵の素晴らしさを解ってくれた人は、他にもいて、テオの奥さんヨーとかロートレックとかがいる。

 そして、ゴッホ自身、自分の絵を、非常に素晴らしいと感じていたようで、そのことが、弟に当てた手紙に記されている。

 自分が全く素晴らしいと思える絵を描いている・・・この思いがあったことも、ゴッホの幸せの一要因ですね。

 もっともこれで、つまり世間に広く認められないでですね、ゴッホが、髄的喜びを得、人生に髄的満足を得たか、については、
 ゴッホが、どういう感じ方をする人だったかによる。
 
 この点については、人それぞれ感じ方が違うのですが、

 「歴史的事実とか、人の内面とかのように、事実がイマイチ、はっきりしないものについては、私の哲学によって、解釈すべき」
 だと思います。

 私の哲学の根拠については、既にたくさん書いてきた。

   私の哲学はもう揺るがない。

 ゴッホは、あれで髄的満足を得たのだ。ゴッホは、自分の生存中に、自分の絵が世間に広く認められなくても、人生に髄的満足できた人だった。ゴッホは、そういう人だった。

 私なんかの例では、この哲学をすること自体に深い感動を覚える点については、ゴッホと同じでも、これだけで満足できる人間ではない。どうしても人類史の上にさん然と輝かないと。
 人それぞれの欲求水準如何が、その人がその状態に満足しているかどうかに、決定的影響を及ぼす。
 私の場合は欲求水準、つまり、夢、希望ですね、これが天文学的に大きいから、一人や二人に認められるだけでは、イマイチ面白くないのです。

 私は実際そうなるべきパターンにあるみたい。私にはテオもいないし、ヨーもいないし、ロートレックもいない。孤独である。毎日が苦痛、不満、鬱屈した日々。
 しかも私はもう70歳になっているのに、未だにこれだ。

 そうだ、ゴッホについては、絵単独が素晴らしいのではなく、弟やその奥さんとの間に交わされた手紙、700通が全く感動的で、

 そう、この書簡集と、ゴッホの絵とが一体となったものが、
 その全体がですね。それこそ世界の宝ともいえるぐらいの素晴らしい価値を持つのじゃないでしょうか。

 手紙はホントに感動的ですよ。絵と一体となって、これぐらい感動を覚えるものも他に・・・

 退屈しておられる方は、もう一度、ゴッホの絵と書簡集に触れて見られることを、お奨めします。

Leave a Comment

Filed under 未分類

はじめてのFX口座のマージンコールは?

はじめてのFX口座ということでここでは外為ジャパンで!

外為ではマージンコールが発生するということは・・・最低取引保証金が50%を割り込むことをいいます。

はい、わかりませんよね〜(笑)

まずはじめに、外為口座では、レバレッジ設定により取引に必要な最低取引保証金がかわります。

たとえば、
レバレッジ20 での ドル円の保証金 5万円
レバレッジ10 での ドル円の保証金 10万円
レバレッジ5  での ドル円の保証金 20万円

と・・・自分で設定を自由にすることができるんですね!

ちなみに私は最低取引保証金はすくなくして、購入するようにしていますよ。

わかりにくいですか?つまり。

口座にいれるお金は レバレッジ5倍 で入金していますが、
購入するときは レバレッジ20倍 にて設定して買っています。

そうするとどうなるのか?こうなります↓

ドル円のレートを120円としますね。
そして購入する単位は10000通貨です(1万通貨)

120円×10000通貨=1200000円
1200000円÷5倍=240000円(24万円)

つまり口座に入金するお金はレバレッジ5倍の場合は24万円がひつようというわけですね^^

そして外為で新規注文にて レバレッジ20倍の設定で購入するとします。

必要な保証金は5万円ですね?さて、ここからです!何円まで下がってもマージンコールにならないのか?!
必要証拠金の50%以下になればアウト!なわけですから・・・
5万円の半分以下になれば・・・・アウト!です。
5万円÷2=2.5万円

そして入金しているお金は24万円ですから・・・
240000円-25000円(維持しなければならない)=215000円
↑215000円までは下がっても大丈夫なわけです。
215000÷10000通貨=21.5円

つまりマージンコールになるには・・
ドル円が21.5円さがっても大丈夫!ということなので
120円-21.5円=98.5円 でマージンコールです!
ふむふむ。

もしも、このときに外為口座で購入するレバレッジ設定を5倍にしていれば、どうちがうのか?

たとえば、レバレッジ設定を5倍にして購入するものとします。

そのときの最低取引保証金は 20万円 ですね。

つまり、マージンコールになるには この保証金の50%以下になるときですから・・・

半分以下になればアウトなので20万円÷2=10万円以下になれば・・・アウト!

ですね?^^

レバレッジ5倍で24万円を口座に入金していますから
24万円-10万円=14万円
140000円÷10000通貨=14円 でマージンコール!

ということは 14円 下がればマージンコールになるんですね〜

120円のドル円を購入していますから
120円-14円=106円 まで下がったとき・・・・
有名な(笑)マージンコールなんですよね〜

ここでのちがい、おわかりになりますか?

外為口座で120円のドル円をかうために 24万円入金して

新規注文で レバレッジ5倍で買うと  106円 でマージンコールです。
新規注文で レバレッジ20倍で買うと  98円 でマージンコールです。
その差は 106円-98円=8円 の差があるわけなんですよね!

これは大きくないでしょうか?

新規注文で設定するレバレッジの倍率でマージンコールにかかるレートが変わるということなんです。

もちろん、こわいと思うかたは、注文のさいにレバレッジ設定を低くするということも、もちろんOKですが^^

それぞれの取引スタイル、やり方で自由にえらべるレバレッジ。

でも、何円でマージンコールなのか?それだけは、必ず頭にいれておいて下さいね!

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

息子の弱点

息子も健康そうに見えて、弱点があります。それは、鼻です。少しでも乾燥してくると、鼻血を出します。このところ毎朝鼻血が出ます。

これが、朝、目が覚めて少しすると、出てきます。かわいそうですが、息子は今、好きなお菓子を一切、禁止しています。

今日も、学校から帰って来たら、耳鼻科に直行です。どうしても、小さい頃から、鼻の粘膜が弱く「大きくなれば、直るだろう」といっていたのですが、小学校5年生になっても、直りません。

息子も毎朝出る、鼻血のおかげでちょっと落ち込んでいます。(多分、好きな物が食べられないからですけど)

それに、家の周りで稲刈りをしているため、アレルギーも出てきています。アレルギーは体質改善しかないような気がしますので、慣れるのを待っています。

親父も息子も、鼻血が出る時期になると落ち込みます。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

ネットでの検索件数が極めて高い艦これ

世間では、インターネットで艦これの情報を探している方は非常に多いです。それは検索件数の数によって、証明されているのですね。ちなみにここ最近の件数の平均値としては、400万件前後を上回っている状況です。
艦これの検索件数は、もう2年前から相当なレベルになっています。例えば2年前の夏頃などは、500万件前後を誇っているのですね。その年は1年ほど、ずっとその500万件前後で推移している状況だったのです。
それからしばらくの間は低迷期はありました。去年に入ってからは、300万件前後に落ち込んでいましたが、最近またその勢いが復活してきています。今年の2月に入ってからは、再度400万件前後にまで上昇してきているのですね。今では艦これの課金を無料にする方法も検索で出てきたりします。

その300万や400万という数字は、相当なレベルになります。他にもゲームは沢山ありますが、どれと比較しても際立って高い数字になっているのですね。
つまり、その検索件数が艦これの特徴の1つと言えます。とても魅力的な女の子が多く登場しますし、ゲームバランスの良さなどによって、上記のような件数になっているのでしょう。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

懸賞に挑む

当たらない、当たらないと言いながらも、週に1つは当たり始めた、奥さんの懸賞をみて親父も「結構、当たるもんだな!」と思い、先日からネット懸賞を1日1つで応募を始めてみました。まだ、今日で3日目なのですが、奥さんに内緒で応募しています。

何故、内緒なのかと言うと、当たった時に自慢するためです。

何か、当たりそうなネット懸賞があったら「掲示板」でお知らせください。是非、応募したいと思っています。でも、掲示板のマナーは守ってね。

当たった時は、お知らせします。でも、本当にあたるのかな?ちょっと疑問です。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

我が家の勉強方法

息子に対して「勉強しろ」と言うのをやめました。その代わりに結果主義です。テストが返されると、息子に反省文をかかせます。

当然、良くも悪くもです。テストが出来た時は、いかに頑張ったかについて、書いてあります。「勉強の予定通りにできた」とか「集中して勉強した」とかね。

でも、基本的に90点以下の時は、反省文を原稿用紙3枚に書かせます。何故出来なかったか。なにが悪かったのか。また、間違えた問題は、なぜ、間違えたかとかね。

前は、テストの点数が悪いと「ゲーム禁止」とか「買ってあげない」とか言っていたのですが、物で釣るのと逆に、「出来たから買って」と言われるし、毎日、「勉強したのか」と言うのも嫌になったからです。

そこで考えだしたのがこの「反省文」です。文というのは、後まで残るし、文章の苦手な息子には、結構、いい勉強になるんですよ。

まあ、こんなことが出来るのも小学生に内だけでしょうけどね。

まだ、素直なだけ、かわいいですよ。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

徳のあるヤツ

あ~、自分もあー生きられたらな~、と思わせるヤツが近くにいる。

ヤツがデスクにしがみついて仕事をしている姿を見たことない。
いつもケータイを持って、昼間からフラフラと歩き回っている。
大体、オフィスにほとんどいない。
たまにいてもデスクの上にはPCとケータイのみ。

クラブでもコスプレねーちゃんにデレデレして踊ってる。

知り合うまでは、あんまりいいウワサを聞かなかったから近寄らなかった。
とくに汗水流して働く男性陣の見る目は厳しい。

ところが、ひょんなキッカケから口をきくようになった。
そしたら、なんとも人懐っこい面白いヤツなのだ。

こちらが割り込まない限り、くだらな~いことをいつまでもしゃべってる。
これが、仕事の話になると頭の回転は速いわ、キレ味はするどいわ、
こっちがお叱りを受ける立場に逆転する。

バックグラウンドはよく知らないけれども、なぜかお友達に大手有名企業
の社長さんがたくさんおいでになるので、きっととんでもない御曹司なんで
しょう。
これを利用して、一応彼のミッションは業界を超えた情報収集ということに
なっているようだ。

そんな彼が、チョッピリ羨ましいと思いつつも、遠慮なくキビシイアドバイを
してくれるところが気に入って、すっかり頼りにしている。

というわけで、久しぶりに、ワタシのお気に入りの人リストに加わった。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

近くて遠~い現場

本日は愚痴をチョビッと。

現場の最前線にいないと、目の前で起きていることは体感できない。

でも、離れたところにいるからこそ、客観的に厳しい視点で見ることも
できると思ってる。
仲良しこよしでは、いつまでたっても大きな前進はできないと思う。
だから、あえて辛らつになることを心がけていたりする。

だけど、場合によってはこれが現場の最前線を知っている人たちを
傷つけることもある。

最近、そんな経験をした。

やっぱりそういう反応するよね~。
そりゃ、怒るよね~。

でも、どうして強くなれないんだろうって、たまには冷静に振り返ること
も必要だと思うよ。
だって、あなたも私も強くなりたいって思いは一緒のハズだもの。

だから、今いちど立ち止まって。。。

捨てなきゃいけないもの、逆に拾っていくものを見つけていこうよ。半分真顔で半分笑顔で。

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類