はじめてのFX口座のマージンコールは?

はじめてのFX口座ということでここでは外為ジャパンで!

外為ではマージンコールが発生するということは・・・最低取引保証金が50%を割り込むことをいいます。

はい、わかりませんよね〜(笑)

まずはじめに、外為口座では、レバレッジ設定により取引に必要な最低取引保証金がかわります。

たとえば、
レバレッジ20 での ドル円の保証金 5万円
レバレッジ10 での ドル円の保証金 10万円
レバレッジ5  での ドル円の保証金 20万円

と・・・自分で設定を自由にすることができるんですね!

ちなみに私は最低取引保証金はすくなくして、購入するようにしていますよ。

わかりにくいですか?つまり。

口座にいれるお金は レバレッジ5倍 で入金していますが、
購入するときは レバレッジ20倍 にて設定して買っています。

そうするとどうなるのか?こうなります↓

ドル円のレートを120円としますね。
そして購入する単位は10000通貨です(1万通貨)

120円×10000通貨=1200000円
1200000円÷5倍=240000円(24万円)

つまり口座に入金するお金はレバレッジ5倍の場合は24万円がひつようというわけですね^^

そして外為で新規注文にて レバレッジ20倍の設定で購入するとします。

必要な保証金は5万円ですね?さて、ここからです!何円まで下がってもマージンコールにならないのか?!
必要証拠金の50%以下になればアウト!なわけですから・・・
5万円の半分以下になれば・・・・アウト!です。
5万円÷2=2.5万円

そして入金しているお金は24万円ですから・・・
240000円-25000円(維持しなければならない)=215000円
↑215000円までは下がっても大丈夫なわけです。
215000÷10000通貨=21.5円

つまりマージンコールになるには・・
ドル円が21.5円さがっても大丈夫!ということなので
120円-21.5円=98.5円 でマージンコールです!
ふむふむ。

もしも、このときに外為口座で購入するレバレッジ設定を5倍にしていれば、どうちがうのか?

たとえば、レバレッジ設定を5倍にして購入するものとします。

そのときの最低取引保証金は 20万円 ですね。

つまり、マージンコールになるには この保証金の50%以下になるときですから・・・

半分以下になればアウトなので20万円÷2=10万円以下になれば・・・アウト!

ですね?^^

レバレッジ5倍で24万円を口座に入金していますから
24万円-10万円=14万円
140000円÷10000通貨=14円 でマージンコール!

ということは 14円 下がればマージンコールになるんですね〜

120円のドル円を購入していますから
120円-14円=106円 まで下がったとき・・・・
有名な(笑)マージンコールなんですよね〜

ここでのちがい、おわかりになりますか?

外為口座で120円のドル円をかうために 24万円入金して

新規注文で レバレッジ5倍で買うと  106円 でマージンコールです。
新規注文で レバレッジ20倍で買うと  98円 でマージンコールです。
その差は 106円-98円=8円 の差があるわけなんですよね!

これは大きくないでしょうか?

新規注文で設定するレバレッジの倍率でマージンコールにかかるレートが変わるということなんです。

もちろん、こわいと思うかたは、注文のさいにレバレッジ設定を低くするということも、もちろんOKですが^^

それぞれの取引スタイル、やり方で自由にえらべるレバレッジ。

でも、何円でマージンコールなのか?それだけは、必ず頭にいれておいて下さいね!

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.